天使が来るのは何時?

心を癒してくれる可愛い天使が欲しい。甘えてもただ微笑んで頭を撫でてくれるような、そんな存在。
それだけで満足。

今日は電話で彼女が俺を選んだ残念な事実を聞いた。
「何もないから」
泣いても良い?
前にも怒らせた時とかに「妥協しすぎた」と言われた。その時は相手が怒っていたので聞き流していた。しかし今回は違う、冷静だ。過去に水商売で何百人と接したであろう経験を持つ彼女が言うんだから本当に何もないんだろう。

うん、知ってた。俺には学もなければ教養もない。何かを持とうと努力する事も放棄している。でも直接言われると本当に凹む。言われたときは何も思わなかったけど振り返ってみたらショックで泣いた。最初の一文は実際に泣きながら書いた魂の叫びなのである。俺は相手の事が好きで付き合ってるのかよくわからなくなってきた。

俺が持たざるものだから、何かを持ちたいだけなのかもしれない。


何もない、何もない
何もないから付き合った.....


皆さんはこんな事を言われてどんな気持ちになるだろうか。俺はとてもモヤモヤした憂鬱な気分になる。今まで目を逸らしていた現実に直面したからこんな最悪な気分になったのだ。 今日はそろそろ寝る。

超能力で校長先生のかつらを浮かせたり日本を飛んだり色々な事をしようと思う。