トニンとの出会い

自動車合宿中に毎日ブロンを飲み続け、一つの結論が出た。
1000円払って喉を乾かすだけの全くの無駄な出費であると。

全然思ったように効かない。口が乾くだけである。ブロン=やる気
という考えは、もう捨て去るを得なかった。

合宿が終わり、帰りにドラッグストアに入った。
「まあ、俺にはエフェドリンなんていらん、コデインだけでマッタリしてるだけで良いんだよね」
と思い、新トニンを一つだけ買って持っていた。どうせ一本やそこらじゃ効かないだろうと思いながらも。

実は、自動車合宿前に、ブロン液を二本一気飲みしたり、地元から合宿所までの行きのバスの中で新トニンを一気飲みしたりしていた。
しかし、効いている実感がなかった。逆にひどい副作用がありバスの中で嗚咽を咳で紛らわしながら苦しんでいるくらいだった。だから、本当に苦し紛れに新トニンを一本だけ買った。これを飲んで何も無かったらすべて終わりにしようと考えていた。

そして、学校が始まった。初日、朝起きるとやはり寝起きが最悪で早くもサボろうかと考え始める。
で、ここで新トニンの登場である。枕元にあった新トニンを一気飲みしたのである。
なぜ飲んだのか記憶がない。朝にダウナー系物質を飲む気が知れない。きっと自暴自棄になっていたと推測する。

飲んで10分後、うれしい誤算が起きた。
目が完全覚醒したのである。そして、起きるのになんの抵抗感もいらない。
朝にシャワーを浴びて出る時に寒い寒いと騒ぐこともなくなり、満員電車で具合が悪くなることもなくなり、学校まで歩く距離が途方もない距離に思うこともなくなった。そして、今まで授業で20分も集中してれば飽きてスマホをいじって遊んでいたのだが、90分間完全に集中して授業を受けれる。また、誰にでも臆することなく話しかけられるような状態に一気に変わった。効力は四時間程度。午前中の授業は完全に集中出来る。ダウナーとは全く違う効果を発揮した。

これはちょっと割高なエナジードリンクである。
レッドブル4本より効く。

この効果を発見してから、毎週5日、新トニンを1日1~2本程度飲んでいる。
そして、生きていて楽しいと思えるようになった。この効果を発見するまでは毎日つまんないなぁと思いながら生活していたのに、新トニンで脳内物質を補填すると人生楽しくてしょうがない状態になる。朝一本、昼一本飲めば完璧である。学校帰りのただの道を歩いてるだけなのに楽しくて楽しくてしょうがない状態になる。一本だと授業に集中してるから、よくわからないけども。

だから、今は死にたくない。消えるボタンも押したくない。
新トニンの効果を発見する前は、死ぬのは痛そうだから、消えるボタンどこかに落ちてないかな。などと不毛な事を考えていた。
でも、新トニンで「楽しいは作れる」を体感してからは、もう一切死にたいとも消えたいとも思わないのだ!


新トニンはまさに救済者。俺を助けてくれた。
人生最高!

※うまく行くと思いきやこの後沼にはまり無事死亡する。
危ないので真似しないでね。あと新トニンとトニンDは成分も味も違うから気をつけよう
新トニンがコデインメインでトニンはコデとエフェが入ってる。つまり新トニンはダウナーでトニンDはアッパーとダウナーだ。ざっくりいうと。


関連記事
saitoucoffee.hatenablog.com