まーたコイツ陰口言ってる・・・

俺が人間に対して不満をインターネット上に書く条件は1つ
・まともに会話が出来ない人間と接触した場合。

これだけ。相手がまともに会話が出来ないので、間違った事を指摘しても屁理屈で反論してくるので非常にめんどくさい。だんだんと指摘するのもめんどくさくなって「うんうん」「そうだね」と適当にあしらうのだ。しかし生理的にどう考えても間違った話をしていると指摘したくてしょうがなくなる。指摘出来ないのでストレスがたまる➡ネット上に書き込んで憂さ晴らし。こういう事である。


こういう事は多々あると思うが、皆、愚痴をあまりインターネット上に書かないね。皆の心の広さには尊敬の念を抱く。
俺はどうしてもイライラして吐き出さないと気が済まない。間違った事をそのままにしてるのが気に食わない。

まともな会話、議論が出来ない人は、間違った事を指摘されたら、屁理屈で返さなきゃいけないゲームでもやってるのかと思うくらい屁理屈が大好き、論点をずらすのが大好きで、指摘するのもめんどくさくなる。俺は別に人の悪口が大好きなわけではない。普通の人に対しては別に悪口は言わない。「コイツなんかおかしい事言ってない?」という感情を抱きつつも、相手が会話が出来ない人種なために、言いたい事を喉元で止めている。だからストレスが溜まって愚痴をこぼしている。家に帰宅して、喉元まで出かかっている言葉をネット上に吐き出す。普段、俺はすべてを諦め黙って「うんうん」聞いている。それを「自分の事を認めてくれる」と勘違いする人間がいる。俺と話していると承認欲求が満たされ気持ちが良いので、俺に接触する頻度が増える。俺のストレスは溜まる一方なのだ。

だから勘違いしないで欲しい。俺は誰彼構わず悪口を言う人間でない。俺に付きまとって無意識的に俺に圧力をかけてくる人間がいた場合に、このままじゃ潰れてしまうのでネット上に吐き出してるだけ。苦肉の策なのだ。最終手段なのだ。

そういう人種には、基本的に利用価値があるかどうかをみる。
何かを主催する幹事であり、他の人間と遊べる、授業のプリント見せてくれるだとか利用価値があるかどうかを見る。母親からは「卑怯な人間」」「薄情な人間」だと言われる。しかし、相手に対して「人間的メリット」話してて面白いだとか、心が落ち着くなどを見出す事が出来ないため、他の価値を見出して、自分が相手とのつながりを絶ってない事を正当化しているのだ。縁を切るのはかなり苦痛が伴うと推測されるので出来ない。ビジネスライクな付き合いって奴をしている。だから、この利用価値を探すというのは苦肉の策であり最終手段なのである。普通の人間に対してこのような付き合いはしないよ。


ということでね、君たち。
俺がツイッターやら何やらで発狂してても、「まーたコイツ陰口言ってる・・・」と思わないで欲しい。
この文章を読んで誤解を解いて欲しい。陰口でなく、俺の心の悲鳴だという事がよーく分かって頂けたと思う。

「結局陰口に変わりはない、言い訳するな」
そんなものは知らない。俺が心の悲鳴だと言ったら心の悲鳴なんだよ。
これからは、ネット上で発狂していたら、心の悲鳴であり、相当心が痛んでるのだな。と温かい目で見守ってほしい。f:id:saitoucoffee:20160501205150j:plain
ちなみに俺はドラえもんの温かい目が大好きである。
こんな感じで頼む。