すっかり健常者レベルに

毎朝起きるときに、気合が発動できる。
洗濯機を回すも干すのがめんどくさくて何回も回し、挙句放置し、腐らせる事もなくなった。
少し歩くだけで息切れすることもなくなり、集中力も90分は余裕で続く。さらに理解力、記憶力共に以前の10倍はある。あふれるバイタリティ、気迫。町を歩くだけで俺のオーラに圧倒されて腰を抜かす人間もいるくらいである。同年代には信頼され、年上には安心され、年下には尊敬される。

これが健常者の世界。
健常者になった俺はもはや最強、超人の域に来ている。
睡眠時間を6時間に削ることも余裕で可能。以前の俺なら毎日10時間以上寝ていたことだろう。朝の1時間、心のサボり魔が俺をそそのかすが、ほとんど意に介せずに朝食をとり学校に通える。 これを最強と、超人といわずしてなんというのか。

新トニン遊びは再開したが、離脱などまったく気にならないレベルで体が肉体的にも頑丈になった。 欝が治ればもう人は最強である。最終的に抗欝薬にたどり着いて欝が大体治ったのはひとえに、俺の精神改善への探究心が成した結果である。努力が身を結んだようなものだ。


とにかく、この調子で来年の入試に向けて毎日勉強しようと思う。