アヤワスカでバッドトリップ!

saitoucoffee.hatenablog.com

この前記事を書いたが、実は何回かやっている。これはそのときの話。薬の簡単な説明は省きます。

 

アヤワスカを飲んだことは良いが、俺はうっかりやさんだ。服用して30分後に俺はアヤワスカを飲んだことを忘れていたのだった。そしてあろうことか勉強しようと思い付く。「さてと、勉強するかな、勉強用の薬飲もう」俺は病院で貰ったエフェドリンを飲んでしまった。

 

何が問題かというとMAO阻害薬とエフェドリンの併用は禁忌としているのである。運が悪いと死ぬし、運が悪くなくても具合悪くなる。ここでアヤワスカの存在を思い出した「ま、いっか、死んだら死んだで良いしな」

このときは、完全に鬱、真っ暗な暗闇にいたのでこういう思考だった。そして本当に死んだ。

 

次第に幻覚が現れてくる。

壁を凝視するとググッ奥に下がっていく。これに少しハマった。物には幾何学の模様が映っている。その後、毛布で目を隠したら、赤い女の子の顔が浮かんできた。結構可愛い。幻覚は進んできて、思考は体の中で反響する。世界がスローになる。具合が悪くなってきてトイレに行こうとしたが、自分の動きに違和感がある。自分だけ妙に遅いのだ。残像を出しながら歩くような変な感覚、途中で断念して倒れこみ、這って布団に潜り込む。

ここで意識が落ちる。

 

起きたら俺は地球を回る雲の中に溶けていた。グルグル回りながら「俺は死んだのか」と思うと「そうだ死んだ」と声が帰ってくる。苦しい、なんて苦しいんだ。俺は死んで地獄に来たのかと思ったら、謎の記憶が見えた。なんと俺が病院に担ぎ込まれているのだ!親が必死に俺に向かって叫んでいる。これは臨死体験で死にかけなのか、なるほど!

「やっぱり俺は死んだんだ!地獄は最悪だ 、ずっとこのままなのか」「地獄って何年苦しめば天国にいけるんだ...」等と考えているとひょっこり現実に帰ってきた。がやはり具合悪い。マンションから飛び降りれば、苦しみから解放される!そう思ったがすぐさま思い出す。俺はもう死んでるはずだし、仮に生きていても地獄に行ったら大変な事になる、あんなに苦しいのは散々だ。と思い我慢しながら何とか寝た。

 

次に起きたとき、世界は平常運転していた。

しばらく、「あの世界はなんだったんだ、俺は世界と一体化したが、地獄に行ったぞ!その後現実に帰ってきたけどまだ地獄にいると思って危うく飛び降りかけたw」と余韻に浸って、二度としないと決意を固めた。

バッドトリップの原因は、併用禁忌の薬を飲んでしまったのが原因なんじゃないかと思っている。信じられないほど具合が悪かった。恐くて泣いた。

 

一人は危ないよ。本当に。