浮遊霊のメロンソーダ

躁、鬱、薬で構成されています。

コデインの離脱体験日記2

最初は自転車に乗り近くのスーパーへ行く途中の事だった。

今日はやけに背中が‘‘ジンジン‘‘して暖かい日だなぁと思いながらせっせと漕ぐ。寒い日だからちょうど良かった。ようやく着いて、お昼ご飯を選ぶ。あれやこれやと財布と相談しながら何を買うか考えていると、自然と思った。

「胸もジンジンする、あったかい」

胸までジンジンするようになった。

体が暖かくなる漢方でも飲んだっけ?

日光が俺の胸と背中を狙っているのか?

なんて思ったりもした。謎の暖かさにホンワカ浸りながら会計が終わり、外に出ると、、

「アッッッツ」

ここはサウナか?胸と背中がジンジンする上に、上半身が暑い。蒸風呂状態だ。とにかく暑い。今日は冷え込んでいるにも関わらず暑くて汗がダラダラ出て来た。急いで上着を脱ぐが今度は寒い。寒すぎる。脱いだらすごく寒くなってきた。でも暑い。

暑い寒い暑い寒いと花占いのように心の中で何度も唱える。サウナに入った後に裸で北海道の雪山にワープしているのを繰り返すかのような、そんな感覚だ。

 

そういえば昨日は新トニンを飲んでいなかった。

☆断薬☆2日目☆だった。だから症状が酷いのか。これは一体なんの罰ゲームですか。

 

神様、もうやめにしませんか?

帰りに新トニンを買って帰った。

 

前回の記事

saitoucoffee.hatenablog.com