浮遊霊のメロンソーダ

躁、鬱、薬で構成されています。

【即席】アセトアミノフェンの除去方法【金パブロンろ過】

※即席のアセトアミノフェンの除去方法を紹介します。CWE(cold water extraction)と呼ばれる方法、つまり冷水抽出法です。簡単に言うと、冷水に薬を溶かしてフィルターに通すだけです。 

イメージ図です。

f:id:saitoucoffee:20180903003306p:plain

この図が分かればあなたはマスターしたも同然。あとはどうやってろ過するかの小手先のテクニックだけです。

『簡易版』※読むのがめんどくさい人向け

金パブ3包以上を100mlの水に溶かして冷蔵庫に入れる。そして限界まで冷やす(1から3度)。放置してると2層に別れるので上の液体部分だけ飲む。下の沈殿部分には手を付けない。それかキッチンペーパーを何枚か重ねてろ過して液体だけを飲む。

 

↓は例です(参考にしてください)

 

準備したもの

コデイン換算で60mg程度の粉か顆粒(量は各自調整してください。多い量の場合、水の量を増やした方が良さげです。)

・80mlの水(水道水からそのままでおk) これは、粉を溶かすように使う。素早く溶かしたい人はぬるいくらいの水でも可

・20mlの冷水(冷蔵庫の中にあらかじめ入れておく) これは最後に使う。

・キッチンペーパー ※100円ショップのコーヒーフィルターでやると詰まるからおすすめしない。追記、ハンカチでもいけるらしい。

 

1)

f:id:saitoucoffee:20171008104338j:image

f:id:saitoucoffee:20171008105228j:image

まず準備します。

20mlの水は冷蔵庫に入れておく。

 

2)

f:id:saitoucoffee:20171008104521j:image

今回は顆粒を使うので、すり鉢で粉にしておく。(自由です、要は水に薬が溶ければいいんです。)
f:id:saitoucoffee:20171008104530j:image

 粉を80mlのビーカーに入れて溶かす。

無駄なくするために、すり鉢に張り付いてる粉は、すり鉢に少量の水を投入して溶かしてビーカーの中に入れとく。

 

3)

f:id:saitoucoffee:20171008104909j:image


濡らしたキッチンペーパーを巻き付けて、冷凍庫に15分ほど入れます。最終的に5~0℃の間くらいになれば良いので温度計があると良い。冷凍庫に入れるのは速度を重視。冷蔵庫に入れるなら氷を何個か投入して30分から1時間くらい待ちましょう。その後で氷を箸で取り除けばOKです。

※濡らしたキッチンペーパーは熱冷ましの速度を早めるためです。無くても少し入れる時間を伸ばせばオールオッケーです。

 

4)

f:id:saitoucoffee:20171008112310j:image

 キッチンペーパー8枚ほどを濡らして手で握って絞る。

 

5)

f:id:saitoucoffee:20171008112419j:image

このように紙コップ程度のものに先程のキッチンペーパーをセットして、溶液を投入。全て入れずに何回かに分けます。

 

6)

f:id:saitoucoffee:20171008112538j:image

このように持ちます。

そうしたら、玉の部分をゆっくり空いてる手で揉んだり握ったりして液を抽出します。あんまり強くやると破けます。渾身の力で絞りたいなら、一番内側に濾し布を取り付けて下さい。破れません。

 

 7)

f:id:saitoucoffee:20171008112835j:image
 全て終わって残りかすになったらここで最初に用意したアイテム、20ml冷水を使用します。入れたら混ぜて、先程のようにまた絞って下さい。目的は、残留しているコデインを余さずにゲットするためです。

 

8)

f:id:saitoucoffee:20171008113004j:image

完成です。

これで、一応アセトアミノフェンを限界まで除去している。

 

・原理

コデインは冷水に全部溶ける。

アセトアミノフェンは全量溶けないで沈殿として出てくる。冷凍庫から出したとき下に溜まっているのがアセトアミノフェンで、上がコデインです。

ちなみに0度の水で抽出したらアセトアミノフェンは720mg/100ml溶けてる。

20度なら1400mg/100ml溶けている事になる。

とりあえず、冷水でやれば安全域にアセトアミノフェンが収まるようになります。

 

今回は新エスタック顆粒というものを使用しました。エフェ成分がマオウで入っているので、従来の風邪薬よりエフェドリン配合率が低い。味は漢方って感じです。おいしくはないけど飲める味です。

あと、金パブゴールドwというのもエフェが入ってない上に、紅茶とかに混ぜたら普通に飲める味になります。

ただの金パブは不味いと思います。

 

私はCWEを頻繁にやっている人でないので、上の例では収率が少し悪いと思われます。研究してる方は最強のCWEメソッドを教えてくれるとうれしいです。

 

以上です。

溶解度の参考

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Paracetamol

 

↓ブロンをせっせと飲んでた頃の話

ブロンOD回顧録 体験談 part1 - 浮遊霊のメロンソーダ